• Home
  • 旬のものスペシャル

旬のものスペシャル

春トマト 3月〜
春トマト

トマト もうひとつの旬の時期

トマトといえば夏の風物詩。一般的に露地や簡易ハウス栽培のトマトが最も多く出回るのは確かに6~8月。
ですが、春本番を迎えるこれからの季節、特に暖房機を装備したハウスで栽培している当地では、秋に種をまき、冬の間に暖房しながら、大切にじっくりと時間を費やし、育ててきたトマトの「旬」を迎えます。
トマトは、日本の梅雨~夏の高温多湿といった気候には弱く、むしろ日照時間が長くなってきて乾燥している春の時期においしくなり、栄養価も増すともいわれています。春のトマトにも大注目!です。

リコピンパワーで体を燃焼、美容効果も!

リコピンとは、トマトの赤い色素のこと。赤色が濃いものほど多く含まれています。
リコピンは太りにくい体作りに効果的といわれ、脂肪を蓄積する脂肪細胞の成長を抑制する作用があることが明らかになっています。また、血糖値の上昇を抑えることができるため、糖質(炭水化物)が内臓脂肪として体内に蓄積されるのを防ぐ作用などもあるといわれています。
さらに毎日の健康・美容に抱えないさまざまな栄養がバランスよく含まれています。
ミネラルも豊富なトマト。その一種、カリウムは余分な水分を体にためにくくし、むくみを予防します。また、新陳代謝をサポートし、糖質を燃やす効果のあるビタミンB1、たんぱく質や脂肪の消化を助けるビタミンB6、シミの原因となるメラニン色素の増加を押さえ、コラーゲンの生成を促すビタミンCなども、バランスよく含まれています。

  • 春トマト
  • 春トマト

選別・検査はハイテク満載のグリーンウェーブ長生で!

JAグリーンウェーブ長生は、最新のハイテク技術でトマトの荷受けから選別、荷造りまでを自動化。さらに、非破壊の内部品質センサーでの検査とトレーサビリティシステムで、高品質で安全・安心な商品作りを行っています。

  • 春トマト
  • 春トマト

春にピッタリなトマトレシピ

トマトは、サラダなど生で食べるだけでなく、近ごろは品種によっては加熱調理に向くものも増えてきました。焼いて甘みを引き出し、肉料理の付け合せやソースにしたり、簡単トマトソースにしたり。これからの季節、いろんなトマト料理を楽しんでみてください!

  • 春トマト
  • 春トマト
ながいき玉ねぎ 5月〜
ながいき玉ねぎ

果物のように甘い!?ながいき玉ねぎ

玉ねぎの産地と言えば北海道や淡路島、佐賀県などが有名ですが、
長生地区も歴史と味は負けていません!

南九十九里の温暖な気候と、ミネラル豊富な砂地の土壌で栽培される管内の玉ねぎは、生産量は劣るものの、味については「辛みが少なくて甘い」「とてもみずみずしい」など、生でもおいしいというほど定評があります。白子町を中心に栽培しており、長生村でも栽培しています。

玉ねぎと言えば・・・(泣)

刻んでいると涙が出てつらい思いをしたという方は少なくないはず。これは、玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分の影響です。硫化アリルは、玉ねぎに含まれているアミノ酸と刻んだときに細胞が壊れて発生する酵素が反応して発生する気体です。人間の目はこの硫化アリルから目を守ろうとして、涙を流させます。
涙を流さずに玉ねぎを刻むには・・・
玉ねぎを冷蔵庫で冷やしてからキ切ると、硫化アリルは飛散しにくくなるようです!
また、刻む際によく切れる包丁を使うと玉ねぎの細胞が壊れるのを抑えられるので、これも効果があるようです!(料理の際のケガには十分注意してください(>_<))

  • ながいき玉ねぎ
  • ながいき玉ねぎ

玉ねぎの栄養は血液サラサラ効果だけにあらず‼

血液がサラサラになるという話は有名ですが、紀元前から栽培されていたという玉ねぎは、ピラミッドを作っていた労働者たちも食べていたという話があり、スタミナ食材として活躍していたようです。これは、ビタミンB1の吸収を硫化アリルが助ける効果があり、新陳代謝の促進や疲労の回復に効果があるためとされています。
そのほかにも玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールの一種が含まれています。ケルセチンは脂肪の吸収を抑える効果や、抗酸化作用があることから老化や動脈硬化、高血圧の予防に効果があると言われています。

おいしく効果的に玉ねぎを食べるには?

ながいき玉ねぎは生で食べても辛みが少ないので、サラダなどでもおいしく食べられるうえに熱に弱い硫化アリルを効果的に摂取できます。(水に浸すと硫化アリルは溶け出してしまうのでご注意を‼)
その他にも、炒めものにすると甘味が増して生食とは違うおいしさがある玉ねぎ・・・。加熱調理すると、玉ねぎに含まれる硫化プロピルという成分がトリスルフィドへと変わります。トリスルフィドは、中性脂肪やコレステロールの値を低下させる働きがあると言われています。そのトリスルフィドは更に加熱することで、セパエンという成分に変わります。働きは変わりませんが、トリスルフィドに比べて成分が凝縮されていることで効率よく摂取できるので、カレーやシチューなどの煮込み料理としてもおすすめです。

  • ながいき玉ねぎ
  • ながいき玉ねぎ
  • ながいき玉ねぎ
  • ながいき玉ねぎ
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JA共済
  • 電子ブックを見る
  • とれたて彩菜